更新: 2024年5月30日
名前: Temirbulatov Yuriy Rafikovich
生年月日: 1977年7月12日
刑事事件の現状: 有罪判決を受けた人
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (1)
拘留されている: 2 日 一時拘禁施設で, 542 日 裁判前の拘留センターで
: 一般体制の矯正コロニーで服役し、2年間の指導的活動と公的宗教団体の活動への参加に関連する活動に従事する権利を剥奪し、1年間の自由を制限するという形での刑罰

伝記

立派な家庭人であり、3人の息子の父親であったユーリー・テミルブラトフは、神への信仰のゆえに投獄されました。「仕事は止まり、ビジネスは崩壊し、慢性疾患は悪化しました」と妻のアラは語ります。拘置所でのストレスと困難な状況のために、彼女の夫は癌の病気を発症しました。

1977年7月、ウズベキスタンのサマルカンドで鉄道労働者の家庭に生まれる。父親は機関車技師で、母親は機関車庫の会計士だった。ユーリーには兄と妹がいる。幼少期は柔道やサッカーに打ち込み、音楽学校に通う。

しばらくの間、ユーリーは印刷機の技師として働き、仕事に対する彼の良心的な態度のために管理責任者に任命されました。最近は税務コンサルティングに携わる。サマルカンドのほか、タシケント、ブハラ、トヴェリ地方、モスクワに住んだ経験がある。

ユーリーがアラと出会ったのは1990年代。彼女は美容師として働き、芸術と詩を愛しています。写真、ダイビング、音楽、車が好きで、外国語を勉強しています。1990年代の終わりに、ユーリーとアラは神に仕えることに人生を捧げる決心をしました。

テミルブラトフの家族や友人たちは、これほどまともで信仰心の厚い人物が、なぜ過激主義で告発されたのか不思議に思っている。

ケース履歴

2019年以降、モスクワの信者は監視下に置かれている。2021年2月、内務省、FSB、国家警備隊の職員が、モスクワとその地域のエホバの証人のアパート16軒に侵入しました。捜索中に殴打されたり、お金がなくなったりしたと報告する人もいた。アレクサンドル・セレブリャコフとユーリー・テミルブラトフは未決拘禁施設に放り込まれたが、アレクサンドルは高齢の障害のある母親の面倒を見ており、3人の子どもの父親であるユーリーは様々な病気を患っており、グループIIの障害者である義理の母が扶養されている。刑務所にいる間、アレクサンドルはコビドに罹患し、ユーリーは深刻な手術を受けました(彼は癌を発症しました)。ロシア連邦の調査委員会は、聖書を読んだり、宗教的な歌を歌ったりすることは、過激派組織の活動を組織していると考えました。この事件は2022年1月に法廷に持ち込まれました。2022年8月、信者には執行猶予6年の判決が言い渡され、2022年11月に控訴院はこの判決を言い渡しました。