更新: 2024年4月15日
名前: Degtyarenko Ilya Olegovich
生年月日: 1990年12月23日
刑事事件の現状: 有罪 判決
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2)
拘留されている: 1 日 一時拘禁施設で, 13 日 裁判前の拘留センターで
現在の制限: 執行猶予付き判決
: 2年5ヶ月の懲役刑と6ヶ月の自由の制限、懲役の刑罰は3年の試用期間で条件付きとみなされる

伝記

ケース履歴

2020年10月、ハバロフスク地方FSBは、ヴャゼムスキー市出身の29歳のイリヤ・デグチャレンコ氏を「安定した宗教観」を理由に刑事告訴した。FSBのネムツェフ捜査官、アレクセイ・スヴェタチョフ地方FSB局長、武装機動隊は、デグチャレンコ夫妻のアパートを7時間にわたって厳重に捜索し、イリヤを床に叩きつけ、両手を後ろ手にひねった。この信者は、未決拘禁施設に2週間収監された。その後、3カ月以上にわたり、特定の行動を禁止され、さらに2年間、退去しないという誓約書が出された。2021年5月、この事件は法廷に送られ、2022年9月、イリーナ・ロジノワ判事はイリヤ・デグチャレンコに無罪判決を下した。しかし、検察庁はこの決定を不服として控訴し、控訴審は判決を覆し、事件は構成を変えて同じ裁判所に差し戻されました。2023年8月、この事件で有罪評決が下され、執行猶予2年半となりました。